社員インタビュー

TOP > 社員インタビュー > 八百板 悟
地域のニーズを見つめた店づくり。
店長への指導を通して、
お客様に支持されるウオロクを!
八百板 悟
(2004年入社)
販売部西新潟地区 地区長
仕事内容

 現在、地区長として西新潟エリアに展開しているウオロク9店舗を統括しています。主な仕事内容は店長の指導。より客観的なスタンスから、お客様に支持される店づくりを追求しています。
 店長だけではなく、必要に応じて主任や一般社員、パートナー社員に指導をおこなうこともあります。ただ、指導とはいっても一方的に押し付けるのではなく、優先順位を明確にして自発的に動いてもらうように働きかけることを意識しています。

仕事のやりがい

 現場とコミュニケーションをとりながら、取り組んだことが成果に結びついたときに仕事のやりがいを感じます。お客様に私たちの思いが伝わったということになりますから。
 同じウオロクでも、それぞれの地域に合わせた品揃えやサービス等を展開しなければお客様のご支持はいただけないので、店舗運営の進め方は地域によって微妙に異なります。それを現場と一緒になって取り組んでいくことも地区長としての務め。それが売上アップという形で結果が見えると、やはりうれしくなります。

仕事の難しさ

 店長やスタッフたちにさまざまな指示をおこなうわけですが、それに対して納得した上で実践してもらう点に難しさを感じることがあります。表面的なものではなく、なすべきことをしっかり理解した上でおこなわなければ、改善は徹底したものにはなりません。
 従来とは違うやり方だったり、新しい取り組みであれば、現場サイドは抵抗感を覚えてしまいがち。相手の立場になって意義・目的を理解してもらうように努めています。

今後の目標や夢

 自身の仕事を通して会社の成長に貢献していくこと。それが私の目標です。自分の担当している業務が会社の数字となって結果を残せば、成長につながります。数字を伸ばすには、自身の指導力を高めることも大切ですし、店舗運営のさまざまな知識・スキル・経験も必要となってきます。
 そういったこともすべて含めて、自身の成長が会社の成長にダイレクトに直結するような存在になりたいですね。「会社への貢献」は常に意識し続けたいことだと思っています。

学生の方へのメッセージ

私たちの仕事は「食」を通じて地域のお客様の暮らしを支えるという、やりがいの大きな仕事です。笑顔の食卓・楽しい食卓をご提供するといった点でも意義のある仕事だと言えるでしょう。 こうしたことに興味があり、自分の目標に向かって努力・チャレンジしていきたいという方にウオロクはぴったりの会社。ぜひ一緒に働きたいと思います。みなさん自身が取り組んでいきたいこと、こんな分野でがんばっていきたいと思うことを大切にしながら、就活を乗り切ってほしいですね。