社員インタビュー

TOP > 社員インタビュー > 豊島 吉人
周りの意見を活用しながら旬を活かした売場づくり。やりがいも共有しています。
豊島 吉人
(2012年入社)
亀田店 鮮魚部門 主任
仕事内容

鮮魚部門の主任として部門全体の管理をおこなっています。具体的には、売上や仕入、利益の数値管理・売場の管理、従業員やパートナー社員への教育・育成、お客様対応など。手がける範囲が広いので、そのぶんやりがいも大きいです。
中でも私が特にこだわりを持っているのが、売場の管理。売場から「旬」を感じ取っていただくために季節感を華やかに演出するように心がけています。そうした取り組みで、お客様が少しでも買い物を楽しんでいただければ、と常に願っています。

仕事のやりがい

旬を活かした演出に加えて、私が売場づくりで力を入れているのが「調理提案」です。献立のヒントになる情報を提供し、それに対してお客様から良い反応をいただけるととてもうれしくなります。「こんな食べ方もあるのね」「今日はこれにしようかしら」「献立に迷っていたから助かるわ」といった言葉をいただくたびにやりがいを感じています。
調理提案は部門全体で考えていくので、お客様からいただいたお褒めの言葉はみんなで共有しています。それがまたメンバーのモチベーションにつながっていると思います。

仕事の難しさ

部門を一つにまとめることには特に気を使っています。自由に意見を口にできる環境づくりは意識していますが、それは一方で意見の食い違いが生じる可能性もあるということ。それによってチームワークが乱れては本末転倒なので、その調整をするのが私の役割ということになります。
大切なのは、部門としての方向性を見失わないようにフォローすること。管理する立場になると「みんなをまとめていくスキル」は必須だと、日々痛感しています。

職場の雰囲気

一言で言うと「和やか」です。メンバーそれぞれが自由に意見を言える環境で、気さくなやりとりが飛び交っています。パートナー社員は主婦の方がほとんどなので、新商品が出ると「おすすめのレシピ」を提案してくれることも少なくありません。みんなが当事者意識を持って仕事に取り組んでくれていると感じています。
また、鮮魚部門に限らず店舗全体の雰囲気も良く、誰もが働きやすさを感じていると思います。これは店長の力が大きく影響しているので、私自身も見習わなければと思っています。

今後の目標や夢

鮮魚部門だけではなく、他の部門も管理できるようになりたいと思っています。その先には、店長として店舗全体を管理していくという目標も。最終的には、私自身がウオロクにとってなくてはならない存在になることです。もちろん、責任はより大きなものとなりますが、それだけ仕事から得られる達成感もふくらむと確信しています。ウオロクはチャレンジを推奨してくれる会社なので、様々なことに挑戦して自身のスキルを伸ばしていきたいですね。

学生の方へのメッセージ

就職活動で大事なことは、自分自身が「何をしたいか」を明確にすることです。いままで学んできたことを活かすもよし、趣味や特技など没頭してきたものを活かすもよし。また、新たに興味を持ったことでもいいでしょう。人生の分岐点となる就活ですから、しっかりと考えて欲しいと思います。
もし、自分の成長に望んでいて、何かにチャレンジしたいという方は、ウオロクを検討してみてください。ウオロクは全力でみなさんをサポートしますよ!