社員インタビュー

TOP > 社員インタビュー > 菊池 まりあ
新店を軌道に乗せたい!若い力を育てる風土のなかで一歩一歩着実に前進しています。
菊池 まりあ
(2016年入社)
魚沼店 レジ部門
仕事内容

レジ部門の仕事はレジ登録に加えて違算率やレジ稼働台数の入力、金庫管理などがあります。お店のお金を管理することがレジ部門の大切な役割の一つ。その他、お盆や年末年始にはギフトや宅配便の承り、手続きや梱包なども行います。 実は入社当初、梱包の作業が苦手でギフトシーズンが来る前は「大丈夫かな」と不安でいっぱいでした。でも、習うより慣れろですね。先輩たちに交じって数をこなすうちに苦手意識もなくなり、今では余裕を持ってできるようになりました。

仕事のやりがい

やはり、お客様から話しかけていただくとうれしいですね。これまで魚沼エリアはウオロクが未出店だったこともあり、お客様の声には貴重な情報がたくさん含まれています。「広いお店ね」「この商品の種類が少ないんじゃない?」「この前の商品が美味しかったからまた買いに来たの」など、より良い品揃え・店づくりのヒントをたくさんいただき、そうしたお客様からの声を励みにしながら、仕事に取り組んでいる毎日です。

仕事の難しさ

教育を行う立場になって痛感するのは「いかにわかりやすく伝えるか」の難しさです。レジ登録をスピードアップさせる教育をパートナー社員さんにおこなっていますが、言葉だけではうまく伝わらないこともしばしば。実際にいい例と悪い例を見せ、納得してもらうという方法をとるなど試行錯誤を重ねています。すぐに結果が出ないこともありますが「徐々に、確実に」を心構えとしながら取り組んでいます。

社風について

 これは私自身が体験を通して実感したことでもあるのですが、ウオロクには若い力を育てる風土があると思います。私が勤務する魚沼店は、ウオロクにとって初の魚沼エリアでの出店。第1号店ということで重みもあるわけですが、オープニングメンバーとして入社1〜3年目の若手社員が多数登用されました。
私もその一人で「絶対に成功させなきゃ!」と思いました。プレッシャーはありましたが、それが刺激となって成長を加速させたと思っています。こうした事例からも、ウオロクには若い内からチャンスをつかみやすい風土があると感じています。

今後の目標や夢

先輩として頼られる存在になりたいと常々思っています。私は入社2年目から後輩や新人のパートナー社員さんを教育する立場になりました。それまでは分からないことを教えてもらう側だったのですが、いまは教える立場。当然、仕事の進め方に関しても手本を示さなくてはいけません。まだまだ足りない面はたくさんあるのですが、一歩ずつでも前進していければと思っています。失敗も糧としながら成長していきたいですね。

学生の方へのメッセージ

視野を広げてたくさんの企業を見るようにしてください。悩むこともあるでしょうが、大いに悩んでいいと思います。その中で良いご縁に巡りあうはずですから。
私がウオロクの入社試験を受けたいと思った決め手は「人」でした。会社説明会で出会った社員の方々が輝いて見えて「一緒に仕事がしたい!」と思ったのです。入社した今、上司・同期に恵まれ、モチベーションを維持できる環境に満足しています。
もう一つ付け足すとすれば、学業にも力を注いでほしいですね。学生時代に学んだことが思わぬ形で役立つことも少なくありませんよ。