社員インタビュー

TOP > 社員インタビュー > 阿部 香織
一人ひとりに向き合いながらレジ係への教育を通してお客様の快適なお買い物をサポート
阿部 香織
(2000年入社)
販売部 業務推進課 レジトレーナー
仕事内容

私はレジトレーナーという業務を担当しています。具体的な業務内容としてはレジマニュアルの作成・新規入社人員の教育・接客向上の取り組みの進捗確認・各店舗の巡回指導・各店舗の主任とのミーティングとそれに伴う問題解決に向けたアドバイス等があげられます。教育に関しては「レジ担当者はお店の顔」という意識づけをするように心がけています。レジ操作ができればいいというのではなく、お客様に気持ち良くお買い物をしていただくことがレジ担当者の役割です。

仕事のやりがい

人を指導し、育成するのが仕事なので、その効果が表れているのを目にしたときがやりがいとなります。教育をしたスタッフが入社当初よりも自然な笑顔や受け答えでお客様に対応しているのを見ると「ずいぶん成長したな」と嬉しくなりますね。“教え子”のなかには自発的に質問をしてくる人もいるのですが、そういう意欲的な姿勢にふれると頼もしさを感じることも。「お客様に喜んでいただくにはどうすれば?」という意識を共有できている喜びがあります。

仕事の難しさ

人にはいろいろと個性があるので、同じ内容を教えるにも画一的なやり方では伝わらないことがほとんど。しっかりと伝えるためには、相手によって教え方を変える必要があります。その人その人に合った教え方をしなければならない点が、この仕事の難しいところですね。相手をきちんと理解した上で対応する必要があるので、観察力や伝えるスキルを伸ばしていかなければなりません。私自身の課題として、取り組んでいかなければならないことですね。

今後の目標や夢

現在、ウオロクには私の他にレジトレーナーが2人います。2人とも視野が広く、さまざまな問題点にすぐに気づいて的確な指示を出す優れた人たちです。その様子を見るたびに「自分はまだまだ」と思ってしまいます。だから今の私の目標としては、この2人のように広い視野を持って問題解決に取り組めるレジトレーナーになることですね。その結果として、より良い接客やより良いお店づくりができるように指導していければ……と思っています。

学生の方へのメッセージ

就職活動は自分の将来を考える、とても大切な時期。だからこそ、まずは体調管理に気をつけて健康第一に毎日を過ごしていただきたいと思います。体調を崩すと100%の力も出せませんから。たくさんの企業があるなかで自分に合ったところを探すのは大変でしょうが「自分にとって何が大切で、何が譲れないか」を問いかけることで見えてくるものもあるはずです。少しでも興味を持った企業には実際にアプローチしてみることですね。頑張って下さい!